スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第230回「ダンマパダ309,310」

Dhp309et310黒花の実


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句309,310」


放逸(ほういつ)・
怠(なま)け者で

他人(たにん)の妻(つま)に
近(ちか)づく者は

四つの事柄(ことがら)に
遭()います


功徳(くどく)が無い

安眠(あんみん)できない

第三に
非難(ひなん)を受()け

第四に
地獄(じごく)に向()かいます






【場所】ジェータ林(祇園精舎)

【誰のこと】アナータピンディカ大長者の甥
      ケーマカ





【原因と結果】

ブッダへの布施第一の
在家の信奉者である

アナータピンディカ大長者の
甥であり、

長者の子でもある
ケーマカは、美男子でした。


そのため、
彼を見た女性は、

誰もが魅了されて、
われを失いました。


彼もまた、
他人の妻との付合いを

楽しんでばかりいました。



そこである夜、
国王の家来たちは、

ケーマカを捕え、
王の前に引き出しました。


王は、
アナータピンディカ大長者に

恥を
かかせる事になると思って、

何も言わず、
ケーマカを放免(ほうめん)しました。


けれども、ケーマカは、
慎(つつし)みませんでした。


そこで、
国王の家来たちは、

ケーマカを2度も3度も捕え、
王の前に連れ出しましたが、

王は、その度(たび)に
放免するだけでした。



アナータピンディカ大長者は、

その事を聞いて、
ケーマカを連れて、

ブッダのところへ行き、
事の次第を報告しました。


そして、お願いしました。


アナータピンディカ大長者:
「尊師よ、
この者のために、

どうか「法」をお説き、

お示しくださいますよう
お願い申しあげます」


ブッダは、
ケーマカのために

心に響く話をされて、

他人の妻に近づく事の
罪過を示され、

これらの詩
「法句309,310」を唱えられました。


ブッダが「教え・法」を
説き示された終わりに、

ケーマカは、聖者の最初の境地
「預流果」に達しました。


それ以後、
都の多くの人々は

安らかに過ごしました、と。






【教え】

「放逸・怠け者」とは。

(今の心に注意・集中力)」の
無い者です。


「四つの事柄(ことがら)」とは。

「4つの苦しみ」の根拠です。


 第1は、功徳を得ず、不善を得ます。

 第2は、熟睡できず、
     わずかの時間の睡眠しかできません。

 第3は、非難を受けます。

 第4は、功徳が無いために、
     苦しみの世界(地獄)に向かう者となります。



「4つの苦しみ」に
遭わないためには、

善き意思、
善き行いが尊ばれる

根本戒「五戒」を守る事です。

 1. 不殺生戒 ― 生き物を殺さない
 2. 不偸盗戒 ― 盗みをしない
 3. 不邪淫戒 ― 淫(みだ)らな行いをしない
 4. 不妄語戒 ― 嘘をつかない
 5. 不飲酒戒 ― 自分自身を惑(まど)わし、
        殺す、盗む、淫(みだ)ら、

        嘘などをひき起こす可能性のある
        酒や薬を飲まない。



五戒」は、

在家の人であっても、
出家の人であっても、

人間として、
誰もが保つべきものです。


他の生命を大切にしよう。

他を傷つけないようにしよう。

他の立場を尊重しよう。

慈しみの心」の証明です。


「戒」を保つ人には、
恐れも、後悔もありません。


時間も場所も超えて、
老若男女(ろうにゃくなんにょ)を問わず、

誰にも、
安らぎと幸せをもたらします。





  問題は
  何が自分にとって善であるかという判断を誤ることがある
  ということです

   (「100分de名著」 アドラー 『人生の意味の心理学』 NHK 岸見一郎 p.40)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
第1 一対の章(法句1~20) (20)
第26 バラモンの章(法句383~423) (39)
Ⅱ第1 一対の章(法句1-20) (15)
Ⅱ第2 不放逸の章(法句21-32) (9)
Ⅱ第3 心の章(法句33-43) (9)
Ⅱ第4 花の章(法句44-59) (12)
Ⅱ第5 愚者の章(法句60-75) (15)
Ⅱ第6 賢者の章(法句76-89) (11)
Ⅱ第7 阿羅漢の章(法句90-99) (10)
Ⅱ第8 千の章(法句100-115) (14)
Ⅱ第9 悪の章(法句116-128) (12)
Ⅱ第10 暴力の章(法句129-145) (11)
Ⅱ第11 老いの章(法句146-156) (9)
Ⅱ第12 自己の章(法句157-166) (10)
Ⅱ第13 世界の章(法句167-178) (11)
Ⅱ第14 仏の章(法句179-196) (11)
Ⅱ第15 安らいで楽しくの章(法句197-208) (8)
Ⅱ第16 愛するものの章(法句209-220) (9)
Ⅱ第17 怒りの章(法句221-234) (8)
Ⅱ第18 汚れ・垢の章(法句235-255) (12)
Ⅱ第19 法に住む人の章(法句256-272) (10)
Ⅱ第20 道の章(法句273-289) (12)
Ⅱ第21 さまざまな事の章(法句290-305) (9)
Ⅱ第22 地獄の章(法句306-319) (9)
Ⅱ第23 象の章(法句320-333) (8)
Ⅱ第24 渇愛の章(法句334-359) (11)
Ⅱ第25 修行僧の章(法句360-382) (20)
Ⅱ第26 バラモンの章(法句383-423) (39)
Ⅲ第1 一対の章(ダンマパダ1~20) (16)
Ⅲ第2 努め励む事の章(ダンマパダ21~32) (8)
Ⅲ第3 心の章(ダンマパダ33~43) (9)
Ⅲ第4 花の章(ダンマパダ44~59) (12)
Ⅲ第5 愚かな者の章(ダンマパダ60~75) (15)
Ⅲ第6 賢い人の章(ダンマパダ76~89) (11)
Ⅲ第7 阿羅漢の章(ダンマパダ90~99) (10)
Ⅲ第8 千の章(ダンマパダ100~115) (14)
Ⅲ第9 悪の章(ダンマパダ116~128) (11)
Ⅲ第10 暴力の章(ダンマパダ129~145) (10)
Ⅲ第11 老いの章(ダンマパダ146~156) (8)
Ⅲ第12 自己の章(ダンマパダ157~166) (8)
Ⅲ第13 世界の章(ダンマパダ167~178) (9)
Ⅲ第14 仏の章(ダンマパダ179~196) (8)
Ⅲ第15 安らいで楽しくの章(ダンマパダ197~208) (7)
Ⅲ第16 愛するものの章(ダンマパダ209~220) (8)
Ⅲ第17 怒りの章(ダンマパダ221~234) (7)
Ⅲ第18 汚れ・垢の章(ダンマパダ235~255) (13)
Ⅲ第19 法に住む人の章(ダンマパダ256~272) (10)
Ⅲ第20 道の章(ダンマパダ273~289) (12)
Ⅲ第21 さまざまな事の章(ダンマパダ290~305) (9)
Ⅲ第22 地獄の章(ダンマパダ306~319) (8)
Ⅲ第23 象の章(ダンマパダ320~333) (7)
Ⅲ第24 渇愛の章(ダンマパダ334~359) (12)
Ⅲ第25 修行僧の章(ダンマパダ360~382) (20)
Ⅲ第26 バラモンの章(ダンマパダ383~423) (34)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。