FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第231回「ダンマパダ311~313」

Dhp311~313ビオラ黒


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句311~313」


握り方が悪ければ

草でさえ
手を切るように

行為(こうい)に
締()まりが無く

務(つと)めに

汚(けが)れや
疑(うたが)いがあれば

その練修(れんしゅう)は

大きな
果報(かほう)にはなりません

ますます塵(ちり)を
撒()き散()らします


為()すべき事を
為すように

堅固(けんご)にそれに
邁進(まいしん)するがよい






【場所】ジェータ林(祇園精舎)

【誰のこと】ある教導し難かった修行僧





【原因と結果】

一人の修行僧が、
無意識に

1本の草を切り取りました。


その修行僧は、
後悔し、

とある修行僧のところへ
行きました。


その草を切り取った
修行僧は、

自分自身の
行った事を告げて、

尋ねました。


草を切り取った修行僧:
「友よ、
草を切った者には、

どのような事が
起こるのでしょうか?」


その尋ねられた修行僧は
言いました。


修行僧:
「友よ、あなたは

『草を切った事で、何かが起る』 と

思っているようですが、

この場合、
何も起りません。


告白をすれば、
免(まぬが)れる事ができます」


そして、
その問われた修行僧は、

自分自身
自(みずか)らも

両手で
草を引き抜きました。



他の修行僧たちは、

草を切った
二人の修行僧を伴って、

その事を
ブッダに報告しました。


ブッダは、
自分自身自らも

両手で草を引き抜いた
その修行僧を、

さまざまな根拠をもって

叱り咎め、
叱責(しっせき)されました。


そして
「教え・法」を説き示されました。


確かに
両手で草を引き抜いて、

叱り咎められた修行僧は、

最初は、出家者として
教導しがたい者でした。


しかし
ブッダに「教え・法」を
説き示された事によって、

感覚器官
「眼・耳・鼻・舌・身・意」が捉える対象

「色・声・香・味・触・法」の欲を、
防ぎ護(まも)る事に努めました。



ただちに「坐禅瞑想」に
不放逸に務めました。


「禅定」:
 「」[静かに、気づきの呼吸に集中]
 「」[よく観て、深く観とおす智慧]

を増大させて、

やがて、聖者の最高の境地
「阿羅漢果」に達しました。






【教え】

「行為に締()まりの無い、
乱れた修行者」とは。

練修をだらしなく行い、
断片的に行う者です。


そのような者は、
魔の縛り・執着、

貪り・怒り・気づきのない愚かさ=
煩悩などの、

塵(ちり)や垢(あか)を
除く事ができません。


ますます、
塵や垢をまき散らします。


そのためには、
6つの感覚器官

「眼・耳・鼻・舌・身・意」が
捉える対象をよく防護し、

しっかり確かにして、
自分自身を

よく世話をして
養うのがよいのです。


6つの感覚器官」:

 には、良く見えるもの。
 には、よい音の聞こえるもの。
 には、よい香りのするもの。
 には、美味(おい)しい味のするもの。
 には、心地よく触れるもの。
 (こころ)には、気持ちよいもの、望むもの。



更に、善き人、善き友、
善き師や『聖典』に会って

「教え・法」を
練修するようにします。


最も勝れた行いを
固い決意・決心で精進します。


大きな
「果報」が待っています。






  ライフスタイル形成の決定因は、
  本人の決断なのです

  (「100分de名著」 アドラー 『人生の意味の心理学』 NHK 岸見一郎 p.31)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
第1 一対の章(法句1~20) (20)
第26 バラモンの章(法句383~423) (39)
Ⅱ第1 一対の章(法句1-20) (15)
Ⅱ第2 不放逸の章(法句21-32) (9)
Ⅱ第3 心の章(法句33-43) (9)
Ⅱ第4 花の章(法句44-59) (12)
Ⅱ第5 愚者の章(法句60-75) (15)
Ⅱ第6 賢者の章(法句76-89) (11)
Ⅱ第7 阿羅漢の章(法句90-99) (10)
Ⅱ第8 千の章(法句100-115) (14)
Ⅱ第9 悪の章(法句116-128) (12)
Ⅱ第10 暴力の章(法句129-145) (11)
Ⅱ第11 老いの章(法句146-156) (9)
Ⅱ第12 自己の章(法句157-166) (10)
Ⅱ第13 世界の章(法句167-178) (11)
Ⅱ第14 仏の章(法句179-196) (11)
Ⅱ第15 安らいで楽しくの章(法句197-208) (8)
Ⅱ第16 愛するものの章(法句209-220) (9)
Ⅱ第17 怒りの章(法句221-234) (8)
Ⅱ第18 汚れ・垢の章(法句235-255) (12)
Ⅱ第19 法に住む人の章(法句256-272) (10)
Ⅱ第20 道の章(法句273-289) (12)
Ⅱ第21 さまざまな事の章(法句290-305) (9)
Ⅱ第22 地獄の章(法句306-319) (9)
Ⅱ第23 象の章(法句320-333) (8)
Ⅱ第24 渇愛の章(法句334-359) (11)
Ⅱ第25 修行僧の章(法句360-382) (20)
Ⅱ第26 バラモンの章(法句383-423) (39)
Ⅲ第1 一対の章(ダンマパダ1~20) (16)
Ⅲ第2 努め励む事の章(ダンマパダ21~32) (8)
Ⅲ第3 心の章(ダンマパダ33~43) (9)
Ⅲ第4 花の章(ダンマパダ44~59) (12)
Ⅲ第5 愚かな者の章(ダンマパダ60~75) (15)
Ⅲ第6 賢い人の章(ダンマパダ76~89) (11)
Ⅲ第7 阿羅漢の章(ダンマパダ90~99) (10)
Ⅲ第8 千の章(ダンマパダ100~115) (14)
Ⅲ第9 悪の章(ダンマパダ116~128) (11)
Ⅲ第10 暴力の章(ダンマパダ129~145) (10)
Ⅲ第11 老いの章(ダンマパダ146~156) (8)
Ⅲ第12 自己の章(ダンマパダ157~166) (8)
Ⅲ第13 世界の章(ダンマパダ167~178) (9)
Ⅲ第14 仏の章(ダンマパダ179~196) (8)
Ⅲ第15 安らいで楽しくの章(ダンマパダ197~208) (7)
Ⅲ第16 愛するものの章(ダンマパダ209~220) (8)
Ⅲ第17 怒りの章(ダンマパダ221~234) (7)
Ⅲ第18 汚れ・垢の章(ダンマパダ235~255) (13)
Ⅲ第19 法に住む人の章(ダンマパダ256~272) (10)
Ⅲ第20 道の章(ダンマパダ273~289) (12)
Ⅲ第21 さまざまな事の章(ダンマパダ290~305) (9)
Ⅲ第22 地獄の章(ダンマパダ306~319) (8)
Ⅲ第23 象の章(ダンマパダ320~333) (7)
Ⅲ第24 渇愛の章(ダンマパダ334~359) (12)
Ⅲ第25 修行僧の章(ダンマパダ360~382) (20)
Ⅲ第26 バラモンの章(ダンマパダ383~423) (34)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。