スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第232回「ダンマパダ314」

ⅢDhp314菜の花


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句314」


悪(わる)い事は
行(おこな)わない

後(のち)に
苦(くる)しめられるから

善()い事は
行うがよい

後(あと)に
苦しみが無いからです






【場所】ジェータ林(祇園精舎)

【誰のこと】ある嫉妬心の強い女性





【原因と結果】

ある嫉妬心の強い
女性の夫が、

家にいる一人の女性奴隷と、
親しい関係になりました。


その嫉妬心の強い妻は、
当然、嫉妬しました。


女性奴隷の手足を縛り、
耳と鼻を切りつけ、

密室に閉じ込めました。


嫉妬心の強い妻は、

その行為を
隠(かく)すために、

夫を誘い
精舎へ行き、

座って
「法」を聞いていました。



時に、
嫉妬心の強い女性の家に、

親戚の人たちが
訪ねてきました。


親戚の人たちは、
戸を開けその異変に気づき、

女性奴隷を助け出しました。


女性奴隷は、
精舎へ行きました。


その女性奴隷は
「四衆(ししゅ)」:

修行僧
修行尼僧
在家の男性信奉者
在家の女性信奉者

がいる真ん中で、
嫉妬心の強い女性が、

自分にした事を、
ブッダに申しあげました。



ブッダは、
それを聞かれて言われました。


ブッダ:
「皆さん

『私が行ったこの悪い行いは
他の人は、知らないだろう 』

と思って、
我儘勝手(わがままかって)、

放逸(ほういつ)な行動を
取ってはいけません。


他の人が知らなくても、

必ず、
善い行いだけをするべきです。


なぜなら、
隠して

行われた悪い行ないは、
後悔をもたらしますが、

善い行ないは、
満足だけをもたらすからです」



ブッダが「教え・法」を
説き示された終わりに、

その夫と妻は、

聖者の最初の境地
「預流果」に達しました。


その場で、
女性奴隷を自由の身にしました。


その女性奴隷は、
直ちに、

出家して
修行尼僧となりました。






【教え】

「善い事」とは。

身・口・意の三行」による
「十の善い行い」です。


 1. (身体)の行い―「不殺生(ふせっしょう)」
           「不偸盗(ふちゅうとう)」
           「不邪淫(ふじゃいん)」


 2. (言葉)の行い―「不妄語(ふもうご)」
           「不悪口(ふあっく)」
           「不両舌(ふりょうぜつ)」
           「不綺語(ふきご)」


 3. (こころ)の行い―「不貪欲(ふとんよく)」
            「不瞋恚(ふしんに)」
            「正見(しょうけん)」―原因・条件()・結果を
                    正しく知って見る。


これらを修し、
生きた教えとして、

私たちの
日常生活に生かします。



確かに
人は、
時として残酷になります。

その残酷さとは、

気づきのない愚かさと、
憎しみと、

欲望と、
嫉妬の結果です。


しかし
私たちは
他のものを理解できる

慈悲の心」をもった
生きものでもあります。





  自分にしか向けられていない関心を、
  他者に向けていくーーそして、
  他者を競争すべき「敵」ではなく、
  協力して生きる「仲間」と思えるようになれば、
  誰かの役に立ちたいという気持ちが生まれてきます

  (「100分de名著」 アドラー 『人生の意味の心理学』 NHK 岸見一郎 pp.56-57)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
第1 一対の章(法句1~20) (20)
第26 バラモンの章(法句383~423) (39)
Ⅱ第1 一対の章(法句1-20) (15)
Ⅱ第2 不放逸の章(法句21-32) (9)
Ⅱ第3 心の章(法句33-43) (9)
Ⅱ第4 花の章(法句44-59) (12)
Ⅱ第5 愚者の章(法句60-75) (15)
Ⅱ第6 賢者の章(法句76-89) (11)
Ⅱ第7 阿羅漢の章(法句90-99) (10)
Ⅱ第8 千の章(法句100-115) (14)
Ⅱ第9 悪の章(法句116-128) (12)
Ⅱ第10 暴力の章(法句129-145) (11)
Ⅱ第11 老いの章(法句146-156) (9)
Ⅱ第12 自己の章(法句157-166) (10)
Ⅱ第13 世界の章(法句167-178) (11)
Ⅱ第14 仏の章(法句179-196) (11)
Ⅱ第15 安らいで楽しくの章(法句197-208) (8)
Ⅱ第16 愛するものの章(法句209-220) (9)
Ⅱ第17 怒りの章(法句221-234) (8)
Ⅱ第18 汚れ・垢の章(法句235-255) (12)
Ⅱ第19 法に住む人の章(法句256-272) (10)
Ⅱ第20 道の章(法句273-289) (12)
Ⅱ第21 さまざまな事の章(法句290-305) (9)
Ⅱ第22 地獄の章(法句306-319) (9)
Ⅱ第23 象の章(法句320-333) (8)
Ⅱ第24 渇愛の章(法句334-359) (11)
Ⅱ第25 修行僧の章(法句360-382) (20)
Ⅱ第26 バラモンの章(法句383-423) (39)
Ⅲ第1 一対の章(ダンマパダ1~20) (16)
Ⅲ第2 努め励む事の章(ダンマパダ21~32) (8)
Ⅲ第3 心の章(ダンマパダ33~43) (9)
Ⅲ第4 花の章(ダンマパダ44~59) (12)
Ⅲ第5 愚かな者の章(ダンマパダ60~75) (15)
Ⅲ第6 賢い人の章(ダンマパダ76~89) (11)
Ⅲ第7 阿羅漢の章(ダンマパダ90~99) (10)
Ⅲ第8 千の章(ダンマパダ100~115) (14)
Ⅲ第9 悪の章(ダンマパダ116~128) (11)
Ⅲ第10 暴力の章(ダンマパダ129~145) (10)
Ⅲ第11 老いの章(ダンマパダ146~156) (8)
Ⅲ第12 自己の章(ダンマパダ157~166) (8)
Ⅲ第13 世界の章(ダンマパダ167~178) (9)
Ⅲ第14 仏の章(ダンマパダ179~196) (8)
Ⅲ第15 安らいで楽しくの章(ダンマパダ197~208) (7)
Ⅲ第16 愛するものの章(ダンマパダ209~220) (8)
Ⅲ第17 怒りの章(ダンマパダ221~234) (7)
Ⅲ第18 汚れ・垢の章(ダンマパダ235~255) (13)
Ⅲ第19 法に住む人の章(ダンマパダ256~272) (10)
Ⅲ第20 道の章(ダンマパダ273~289) (12)
Ⅲ第21 さまざまな事の章(ダンマパダ290~305) (9)
Ⅲ第22 地獄の章(ダンマパダ306~319) (8)
Ⅲ第23 象の章(ダンマパダ320~333) (7)
Ⅲ第24 渇愛の章(ダンマパダ334~359) (12)
Ⅲ第25 修行僧の章(ダンマパダ360~382) (20)
Ⅲ第26 バラモンの章(ダンマパダ383~423) (34)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。