FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第234回「ダンマ316,317」

Dhp316,317鉄鉢


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句316,317」


恥()じなくて
よい事を恥じて

恥じるべき事に恥が無い


恐(おそ)れなくてよい事に
恐れを見()て

恐れがあるのに
恐れを見ない


邪(よこしま)な
見解(けんかい)を

懐(いだ)いている者

そのような者は
悪道(あくどう)に行きます






【場所】ジェータ林(祇園精舎)

【誰のこと】ジャイナ教徒・ニガンタたち





【原因と結果】

ある日、修行僧たちは、
ジャイナ教徒・

ニガンタたちを見て、
話をしはじめました。


修行僧たち:
「友たちよ、

全身を
まったく覆(おお)っていない

裸行者(らぎょうしゃ)たちより、

身体の
前側だけでも覆っている、

このニガンタたちの方が
勝れている。


この者たちには、
恥じらいがあるらしい」


その話を聞いて、
ニガンタたちは言いました。


ニガンタたち:
「尊者たちよ、
我われは、

そのような理由から
覆っているのではない。

塵(ちり)や垢(あか)なども、
人間や他の生きものと同じく、

命に依存しいる。


だから、
それらを施食容器
(せじきようき 供養・布施された食べ物を入れる器)の中に

落として[食べて]は
ならないから、

我われは覆っているのだ」


修行僧たちは、
ニガンタたちと

議論もし、
多くの話もしました。


そこで、修行僧たちは、
ニガンタたちを連れて、

ブッダのところへ行き、
その事を報告しました。


ブッダ:
「修行僧たちよ、

恥じるべきでは
ないものを恥じ、

恥じるべきものを
恥ない者たちは、

悪い行方(ゆくえ)に
趣(おもむ)きます」


ブッダは、
このように言われて

「教え・法」を説き示されました。


「教え・法」が
説きかれた終わりに、

ニガンタ派の
多くのジャイナ教徒は、

畏(おそ)れ戦(おのの)く
畏怖(いふ)の念が起こり、

ブッダのところで
出家しました。






【教え】

「恥じなくてよい事を恥じている者」とは。

ジャイナ教徒・ニガンタたちは
「恥じなくてよい」

施食容器を覆って行くから
そのように呼ばれます。


「恥じるべき事に恥が無い」とは。

覆われなければならない部分、
陰し所は

「恥ずべきもの」にもかかわらず、
ニガンタたちには、

覆われていないから
「恥が無い」のです。


「恐れに恐れを見ない者」とは。

覆われなければならない部分、
陰し所は、

それによって貪りが生じる事から
「恐れのあるもの」です。


それを覆わないで
「恐れを見ない者」の事、です。



「恐れのないものに恐れを見て」とは。

「塵(ちり)や垢(あか)なども
命に依存している」と、

思って、
施食容器を覆う事です。



「恐れなくてよい事」とは。

施食容器自体からは、

(むさぼ)り・
(いか)り・
気づきのない(おろか)さ、

あるいは、
執着・慢心・邪見の煩悩による

悪い行いをする恐れは、
生じないからです。



真(まこと)に、
慚愧(ざんき)が求められます。

(ざん)は、
内に恥じる事です。

()は、
外に恥じる事、

そして、
畏(おそ)れを見る事です。



今、ここに
「教え・法」を練修する事によって、

目覚めへの正しい「」を
歩み始めます。

心の謙虚(けんきょ)さ、
無執着が身についてきます。


慚愧(ざんき)が無い人生は、
人生を創らない。





  意味づけを変えれば未来は変えられる
  (「100分de名著」 アドラー 『人生の意味の心理学』 NHK 岸見一郎 p.19)








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
第1 一対の章(法句1~20) (20)
第26 バラモンの章(法句383~423) (39)
Ⅱ第1 一対の章(法句1-20) (15)
Ⅱ第2 不放逸の章(法句21-32) (9)
Ⅱ第3 心の章(法句33-43) (9)
Ⅱ第4 花の章(法句44-59) (12)
Ⅱ第5 愚者の章(法句60-75) (15)
Ⅱ第6 賢者の章(法句76-89) (11)
Ⅱ第7 阿羅漢の章(法句90-99) (10)
Ⅱ第8 千の章(法句100-115) (14)
Ⅱ第9 悪の章(法句116-128) (12)
Ⅱ第10 暴力の章(法句129-145) (11)
Ⅱ第11 老いの章(法句146-156) (9)
Ⅱ第12 自己の章(法句157-166) (10)
Ⅱ第13 世界の章(法句167-178) (11)
Ⅱ第14 仏の章(法句179-196) (11)
Ⅱ第15 安らいで楽しくの章(法句197-208) (8)
Ⅱ第16 愛するものの章(法句209-220) (9)
Ⅱ第17 怒りの章(法句221-234) (8)
Ⅱ第18 汚れ・垢の章(法句235-255) (12)
Ⅱ第19 法に住む人の章(法句256-272) (10)
Ⅱ第20 道の章(法句273-289) (12)
Ⅱ第21 さまざまな事の章(法句290-305) (9)
Ⅱ第22 地獄の章(法句306-319) (9)
Ⅱ第23 象の章(法句320-333) (8)
Ⅱ第24 渇愛の章(法句334-359) (11)
Ⅱ第25 修行僧の章(法句360-382) (20)
Ⅱ第26 バラモンの章(法句383-423) (39)
Ⅲ第1 一対の章(ダンマパダ1~20) (16)
Ⅲ第2 努め励む事の章(ダンマパダ21~32) (8)
Ⅲ第3 心の章(ダンマパダ33~43) (9)
Ⅲ第4 花の章(ダンマパダ44~59) (12)
Ⅲ第5 愚かな者の章(ダンマパダ60~75) (15)
Ⅲ第6 賢い人の章(ダンマパダ76~89) (11)
Ⅲ第7 阿羅漢の章(ダンマパダ90~99) (10)
Ⅲ第8 千の章(ダンマパダ100~115) (14)
Ⅲ第9 悪の章(ダンマパダ116~128) (11)
Ⅲ第10 暴力の章(ダンマパダ129~145) (10)
Ⅲ第11 老いの章(ダンマパダ146~156) (8)
Ⅲ第12 自己の章(ダンマパダ157~166) (8)
Ⅲ第13 世界の章(ダンマパダ167~178) (9)
Ⅲ第14 仏の章(ダンマパダ179~196) (8)
Ⅲ第15 安らいで楽しくの章(ダンマパダ197~208) (7)
Ⅲ第16 愛するものの章(ダンマパダ209~220) (8)
Ⅲ第17 怒りの章(ダンマパダ221~234) (7)
Ⅲ第18 汚れ・垢の章(ダンマパダ235~255) (13)
Ⅲ第19 法に住む人の章(ダンマパダ256~272) (10)
Ⅲ第20 道の章(ダンマパダ273~289) (12)
Ⅲ第21 さまざまな事の章(ダンマパダ290~305) (9)
Ⅲ第22 地獄の章(ダンマパダ306~319) (8)
Ⅲ第23 象の章(ダンマパダ320~333) (7)
Ⅲ第24 渇愛の章(ダンマパダ334~359) (12)
Ⅲ第25 修行僧の章(ダンマパダ360~382) (20)
Ⅲ第26 バラモンの章(ダンマパダ383~423) (34)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。