FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第255回「ダンマパダ356~359」

Dhp356~359雑草


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句356~359」


もろもろの
田畑(たはた)は

雑草(ざっそう)に
害(そこな)われ


この世()の
人々(ひとびと)は

貪(むさぼ)り
怒(いか)り

愚痴(ぐち)
欲望(よくぼう)に害われる


それ故に

貪り、怒り、
愚痴、欲望を

離(はな)れた人への
布施(ふせ)は

大きな果報(かほう)を
結(むす)びます






【場所】ブッダが住んでいた三十三天の王座=
    帝釈天の座

【誰のこと】アンクラ神





【教え】

大きな果報


内に起こる欲望

穀物や野菜の田畑は、
稗(ひえ)や草などが生えれば、

汚(けが)され・害(そこな)うため、
豊作にはなりません。


ちょうどそのように、
人々の内に起る

貪り・瞋り・愚痴=煩悩、欲望は、

自分自身を含めて、

生けるものたちを
汚(けが)します。



何かを手放す

私たちは、
何かを手放す

[断・捨・離]を
恐れる事があります。


つかんでおくものが、
何もないと、

不安になるからです。



大きな果報

確かに
愚かな者が、

愚かな者へ
施(ほどこ)しても、

大きな
「果報」とはなりません。


しかし 
自己・我が在るとする
思い違いをした概念、

渇愛・執着・欲、
汚れを離れた人、

煩悩の滅し尽くした人・
漏尽者への

供養・布施は、
大きな「果報」となります。


何よりも自分自身が、
喜びに満たされ

満足という「果報」を得る。








【原因と結果】

インダカ神(帝釈天)は
かつて、

托鉢行のため村の中に入った、

アヌルダッタ長老に、
自分が持っていた、

わずかスプーン一杯の
托鉢食を供養しました。


煩悩を滅し尽くした
漏尽者(ろじんしゃ)に供養した、

インダカ神(帝釈天)の
「功徳」は、

大変
大きな「果報」を生みました。


それは、
アンクラ神が1万年のもの間、

144kmの長い竈(かまど)の
列を作って、

インダカ神(帝釈天)に施した
食事の供養よりも

大きな
果のあるものとなりました。


そこで
ブッダは、アンクラ神に言われました。


ブッダ:
「アンクラよ、

「道」を極めた漏尽者:
貪・瞋・痴、欲望を

離れた人への
供養・布施は

大きな「果報」を結びます。


よく考えて行われた布施は、
すぐれた田に播()かれた

種のように、真に
「果の大きなもの」になります」 と。








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。