FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第268回「ダンマパダ374」

Dhp374白蓮の花


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句374」


諸(もろもろ)の蘊(うん)の
生(しょう)と滅(めつ)を

正(ただ)しく考(かんが)え
思惟(しゆい)する人は

喜(よろこ)びと
満足(まんぞく)を

獲得(かくとく)します


それは
生と滅を知()る人たちには
不死(ふし)です






【場所】ジェータ林(祇園精舎)

【誰のこと】多くの修行僧





【教え】

なぜ今?
未来は自分自身が決める



諸の蘊

自分自身の身体と心「五蘊(ごうん)」:

1つの身体と、

4つの心の働き
「色・受・想・行・識」です。



生と滅

五蘊」が
生じては、滅する事です。



喜びと満足を獲得する

五蘊」の
生起と、消滅とを正しく考え、

思惟(しゆい)する人は

の喜び」と
の満足」を得ます。


「真理」を
獲得した喜びと満足です。


自分自身の身体と心は、
また

「名(みょう)・色(しき)」
とも言われます。


(しき)― 色・形ある1つの身体
(みょう)― 4つの心の働き


「名・色」が、
明らかとなった時に湧()きあがる、

その喜びと満足は、
不死の涅槃を得させます。


その喜びと
満足を知る人たちにとっては、

不死・
甘露(かんろ 不死の霊薬)なのです。



「不死」「死なない」

魔の縛り、
執着から解放され、

貪り、怒り、気づきのない愚かさ=

煩悩(身心を乱れさせる心の不健康)
が根こそぎ滅し尽くして、

絶対的な安らぎ、
静けさに達した状態です。


絶対的な安らぎ、静けさは、

色・形・姿があって
生まれるものではないので、

老いる事も、
死ぬ事もありません。

それ故「不死」といわれます。



「喜びと満足」を得る練修です。

ひと息、一息、今の呼吸に集中し、
呼吸を楽しみます。

坐りながら、
坐っている事を楽しみます


自分自身の未来は、
自分自身が決めて行きます







【原因と結果】 は
「法句368」に同じ。







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。