FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第288回「ダンマパダ396」

Dhp409ⅢDhp396カーネーション


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句396」


母親(ははおや)の
胎(おなか)から

生()まれた者を
バラモンとは 呼()びません


[何かを]
所有(しょゆう)しているなら

「君(きみ)よ、と呼ぶ者」
となります


無一物(むいちもつ)であり
無執着(むしゅうちゃく)の人

その人を
バラモンと呼びます





【場所】ジェータ林(祇園精舎)

【誰のこと】あるバラモン





【教え】

なぜ今? 執着の断・捨・離


所有している

魔の縛り・執着、
渇愛・欲、
貪り・怒り・気づきのない愚かさ=

煩悩
(身心を乱れさせる心の不健康)によって、

思いや、物に執着
している事です。



君よ、と呼ぶ者

執着・所有している者は

「おい、おい、私は
生まれがバラモンです!」 と

言って歩き回る者。


カースト
[インドの四姓制度の一番上]による

バラモンの家に
生まれだけの者です。



無一物にて無執着の人

「4つの執着」の無い
無一物(むいちもつ)、

無執着(むしゅうちゃく)
の人です。


4つの執着

 1. (よく)の執着―貪(むさぼ)る欲

 2. (けん)の執着― 邪見:「原因結果の法則」によらない
         間違った見方・考え方

 3. 戒禁(かいごん)の執着― ブッダの「教え・法」以外の
            異教の教えの戒律と禁(きん 誓い)に執着する事

 4. 我語(がご)の執着―
      愛着― 私のもの、という欲望
      慢心― 私がいる、という慢心
      我見― 私の考えは、という邪見


これらの
「愛着・慢心・我見」によって語り

「私がそれを語った」と、
語ったその事に執着します。
      (『長部経典 第33』「結集経」)



執着
断ち、捨て、離れる事は、

本当に難しいものです。


ですから
魔の縛り」 と 言われます。






【原因と結果】

バラモンを母親に持つ、
あるバラモンは思いました。

「沙門ゴータマは、

自分の弟子たちを
『バラモン』と呼んでいる。

私も、
そのように呼ばれていい…」と。


そのバラモンは、

ブッダのところへ行き、
その事を尋ねました。


ブッダは言われました。


ブッダ:
「タターガタは、
バラモンの母胎(ぼたい)に

生まれているだけで、
そのようには、言いません。


そうではなく、
何ものも、

所有する事の無い人だけを
『バラモン』と言うのです」 と。








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村  
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。