スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ⅲ 第300回「ダンマパダ408」

ⅡDhp408菖蒲


「ブッダの語ったとされることばに最も近い教え」



   「法句408」


荒々(あらあら)しく
ならないで

教授(きょうじゅ)します


真実(しんじつ)の
言葉(ことば)だけを

語(かた)って

誰(だれ)をも
害(がい)する事の無い人

その人を
バラモンと呼びます






【場所】ヴェール林(竹林精舎

【誰のこと】ピリンダ・ヴァッチャ長老





【教え】

なぜ今?
傷つけ害する事の無い言葉




荒々しくならない

(こころ)で思い、
発する言葉()、そして

手足や身体の行いが、
乱暴・粗暴でない事です。



教授する

教え・法」の意味を
知らせる事です。


「教え・法」の意味を知らせ
「教授する」人は

「真実の意味だけを語り」ます。



傷つけ害する事の無い言葉

語った言葉によって、
他の人を怒らせる事がありません。


魔の縛り・執着、
渇愛・欲、

貪り・怒り・気づきのない愚かさ=
煩悩(身心を乱れさせる心の不健康)

を滅し尽くした
漏尽者(ろじんしゃ)は、

誰をも傷つけ、害する事の無い
言葉だけを語ります。




  教えるということは、
  見本となることを意味します。
  
  それは幸せな姿を
  見せることなのです。
  
  幸せに存在すること、
  心から幸福であることが最も重要です。

  幸せでないなら、
  たくさんのお金があっても何になりますか。
  
  愛する時間がないなら、
  互いに配慮し合う時間がないなら、

  毎日深い生を営む時間がないなら、
  成功したとしてもなにになりますか。

   ( 『抱擁』ティク・ナット・ハン著 現文メディア 2008)






【原因と結果】

ピリンダ・ヴァッチャ長老は、

在家者であっても、
出家者であっても

「来なさい、賤民(せんみん)よ」
「行きなさい、賤民よ」と

「賤民よ」という言葉で、
人々に話しかけていました。



ある日、修行僧たちは、
ブッダにこの事を報告しました。


ブッダは、
ピリンダ・ヴァッチャ長老を
呼び寄せられ、尋ねました。


ブッダ:
「ヴァッチャよ、
あなたは、

人々にも、修行僧たちにも
『賤民よ』という言葉で

話しかけているそうですが、
本当ですか?」


ピリンダヴァッチャ長老:
「尊師よ、はいそうです」



そこで
ブッダは、

ピリンダヴァッチャ長老の
過去世について

心を集中し、
思惟(しゆい)されました。


そして言われました。


ブッダ:
「修行僧たちよ、あなたたちは

ヴァッチャ長老に、
腹を立ててはなりません。


ヴァッチャ長老は、
悪意があって

『賤民よ』という言葉で
話しているのではないからです。


ヴァッチャ長老は、
これまで

500回続いてきた生まれが、
すべてバラモンの家であったため、

長い間『賤民よ』という言葉に
馴染(なじ)んでいるのです。


煩悩の滅し尽くした
漏尽者(ろじんしゃ)には、

粗暴(そぼう)で、
粗悪(そあく)な、

他人を苦しめるような言葉は
ありません」 と。








にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村  
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ふつ庵

Author:ふつ庵
「茶室で坐る坐禅と一服の茶 
そして ブッダのことのはをまねぶ庵」庵主

2,500年前
「ブッダの説いた教え」
「法の句」を物語ります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。